JKT17 ジャカルタ発ブロモ山サンライズ鑑賞& 魅惑の青い炎が揺らめくイジェン山ツアー

神秘の光景に圧倒!聖なるブロモ山サンライズと
魅惑の青い炎が揺らめくイジェン山ツアー
ジャワ島のスラバヤの南にあるブロモ山は 巨大なカルデラを持つ活火山で、火の神が住むともいわれるヒンドゥー教の聖地。 その幻想的なサンライズはインドネシア内で1番美しいともいわれています。
イジェン火山では、硫黄ガスが燃焼する際に発生する 光が青い炎のように見え、今までに見たことのない驚きの光景を作り出しています。 イジェン山火口湖のカワ・イジェンとは、『緑のクレーター』という意味で、火山湖 の色の秘密は、大量の硫黄ガスが溶け込み塩酸濃度が高いため、美しく輝くコバルト ブルーを作り出しています。

料金 (料金適用期間:2017年4月1日~2018年3月31日)

ブロモ山サンライズ鑑賞 & 魅惑の青い炎が揺らめくイジェン山ツアー
1 泊2日2名1室 Rp11,200,000
1名1室利用追加 Rp1,050,000
KITAS 保持者
1 泊2日 Rp10,900,000
1名1室利用追加 Rp1,050,000

【ご注意】
インドネシア国内線航空券の価格変動が激しい為、
航空券代の追加料金が掛かる場合がございます。
その場合は、ご予約時に追加料金の詳細を
お伝えさせて頂きますので、何卒ご了承下さいませ。

料金に含まれるもの

  • 観光時の車
  • 観光時の日本語ガイド
  • ジャカルタ-スラバヤ間航空券(ガルーダインドネシア航空)
    バニュワンギ-ジャカルタ間航空券(スラバヤ経由)
  • 各入場料・拝観料など
  • 1泊の宿泊代(1部屋2名様ご利用) ブロモコテージ利用
  • 1泊の宿泊代(1部屋2名様ご利用) サンティカバニュワンギ利用
  • 朝食×2回

お支払いについて

オンライン決済、インドネシア国内銀行振り込み、現金での お支払いが可能です。

※オンライン決済のご利用の場合、弊社でのシステムの都合上、表示料金 ルピアをドルに換算にて決済され、 後日ご利用になるカード会社様の 設定するレートにてUS$から日本円にて請求となります。

キャンセルについて

航空券の発券後からツアー参加の8日前まで50 %
ツアー参加前の7日前から前日昼12時まで
ツアー参加前日12時から当日以降当日又は
75 %
事前連絡なく参加されない場合100%

ご案内

  • 服装
    動きやすい服装&歩きやすい靴
    手袋&ニット帽子、マスクのご持参をおすすめいたします。
    サンライズ鑑賞時は防寒着が必要ですのでお持ちください。
  • 最少催行人数
    大人2名様から
  • 催行
    ウェンディー ツアー(PT S.M.I. TRAVEL)

スケジュール  所要時間 約12時間

【1日目】

11:30
ジャカルタ空港チェックイン
※空港へは各自移動
なし
12:30

スラバヤへ出発(GA314)

14 : 05

スラバヤ到着

18:00

ブロモコテージへチェックイン

【2日目】

03:00
ジープにてプナンジャカン山へ出発 昼・○
04:00
08:00

ホテル着・朝食&休憩

10:00

イジェンへご出発

13:30
18:00

サンティカバニュワンギへチェックイン

【3日目】

00:30
イジェンへご出発朝・○
02:00

イジェンへ到着 ブルーファイアー見学

07:00

ホテルへご出発

08:00

ホテル着・朝食&休憩

11:30

サンティカバニュワンギへチェックアウト

12:00

バニュワンギ空港チェックイン

13:15
16:25

ジャカルタ空港到着
※ホテルへは各自移動

*交通状況などによりスケジュールが変更する場合がございます。

宿泊ホテル :ブロモコテージ&サンティカバニュワンギ

ブロモコテージ

標高2,000mほどの場所にあり、天気の良い日には美しいパノラマの景色を眺めることが出来ます。プンジャンガン展望台まで約20分ほどの距離。

サンティカバニュワンギ

バニュワンギ市内南部、S.パルマン通り沿いに位置するホテル。白いモダンな建物で、モダンなデザインの柱が印象的なロビーは明るく開放的な雰囲気。客室はベージュを基調にしたカジュアルなインテリア。

ブロモ山&イジェン山 画像

ブロモ山サンライズ

プナンジャカン山の展望台ブロモ山を望むサンライズ

ブロモ山サンライズ/カルデラ

陽が上がるとこんな雄大な風景をご覧頂けます

イジェン山ブルーファイヤーツアー

青く輝くイジェン山 なんとも言えない不思議な光景!!ブルファイヤー!!
火山の割れ目から噴出した硫黄ガスが空気に触れると
発火して青い炎に見えます。

朝日を浴びたイジェン山
このコバルトブルーの湖水は大量の火山ガスが溶け込んで
強酸性となり、このような色合いとなっております。